「カイタク名刺」で明確に!あたなは「誰」ですか?

2012-09-29

 

またまた突然な質問ですが

あたなは「誰」ですか?

この時あなたはなんと応えますか?
ちゃんと答えられる方は実は少ないのです。

私の周りには、クリエーターがいっぱいます。
デザイナー、コピーライター、プランナー、
カメラマン、スタイリストなどのスペシャリストがずらりと。
そこで名刺を交換することになりますが

こちらからお仕事をお願いすることもあります。

有名カメラマンにお願いする場合は
コマーシャル・フォトや広告年鑑などの
クレジットから電話することもありました。

正直、私の会社は多少なりとも業界では少しばかり有名なので
断れることはなかった。株式会社◎◎Qの田中ですが
今度お願いしたいので、よろしくお願いします。
打ち合わせなどもスムースに行きました。

ですが、異業種のパーティに参加した時のこと
株式会社M◎◎の田中です。
よろしくお願いします。

昔はグラフィックデザイナーや
アートディレクターの肩書きでは
いまいち、何をする人かが解らないようです。

デザイナーとは一般にはファンションデザインのイメージが強くて
広告デザインって?
この写真を撮ったの?
このコピー文章を書いたの?
いえ、この文字や写真のレイアウトをして構成を考えています。

単に並べるだけ?
名前が残らないね?誰でもできるのでは?
完成するまでに、誰にいうかターゲットを想定して
広告意図や強みを解りやすく明確に伝えるために・・・・と
会う人会う人と名刺交換をして、
一生懸命自分の仕事のことを説明しましたが。(^_^;)

ですが、説明すればするほど、
返ってくるのは「デザイナーさんって何をするの」
今度名刺のデザインやチラシもお願い出来ますか?

どんなに説明しても、全然伝わっていなかった。
もちろん私自身が何をする人なのか、
相手に伝わるわけもありません。
今でこそグラフィックデザイナーって、たくさんいますから
イラストレーターも解るようです。
でも名刺に似顔絵を載せていると「これも描かれたのですか?」と
尋ねられます(笑)

ですが、デザイナーは私にしか出来ないものではない。
カメラマンやイラストレータはその人が作り出す
世界観があります。
ですがデザイナーには著作権なるものがない。
ロゴやパッケージなどにはありますが

このレイアウトは私だけのもの
この構成は私だけのものなんてものはないのです。
並べ方に著作権はない。

そもそも自分は何ができるか?

何が得意?
自分ってどんな人間?
何度も何度も自問して、解決策を考え、そして行き着いたのが「名刺」でした。
初めて会う人と、最初にするのが「名刺交換」。

しかし、会社名刺では、私が何をしているのか相手に伝わらない。
ならば、会社の名刺ではなく、自分自身を語る「自分名刺」をつくってみよう――。

そういえば、最近変わった名刺をもらったことがあったな。
名刺ホルダーを見返すと、印象深いもの

有名人は覚えています。
デザインが面白いものも残っていますが
肝心の本人の顔が思い出せない名刺も多いです。
2〜3日前なら思い出せるかも知れないが
1ヶ月経つともうほとんど解らない。
顔など、ほとんど思い出せない、どんな人だったか

そんなこと、あなたも経験もないですか?

次回は名刺セラピーが生まれるまでをお伝えしますね

よい一日を!

 

Copyright(c) 2012 -2015カイタク名刺.com Inc. All Rights Reserved.